陽と風をコントロールする窓、扉。冬は暖かな日光を取り入れ、夏は自然の風を呼び込みます。デザイン性も機能性も優れた、加藤木材工業開発のパッシブ建具です。

「あらためてパッシブデザインとは何かを問われると、私は「気まぐれな太陽の光や風と遊ぶあいまいな住まい」と答えます。断熱・気密を充実させながらもパッシブ(passive=受け身)に自然を捉え、自然をそのままに楽しみながら、ときには肌寒さを我慢したり、日が差すのを期待したりする住まい方には「あいまい」という言葉がぴったりと当てはまります。こうしたあいまいな暮らしは、同じ高断熱高気密住宅でも空調で完璧に温度管理する固定された快適感に比べ、もっとリッチな快適感といえるでしょう。」住宅技術評論家 南 雄三氏 コラムより http://dannetsujyutaku.com/column/2_index/2_06


二重窓(ソーラーウインドウ 日射熱循環構造)



断熱玄関扉


断熱雨戸


断熱障子


可動ハーバー付扉


換気スリット兼用引手付扉


端材利用のフラッシュ扉



西川材 杉 面材