埼玉県の南西部 荒川の支流 入間川(飯能市)・高麗川(日高市)・越辺川(越生町)の流域は西川林業地と呼ばれ古くから良質なスギやヒノキをはぐくんで きました。江戸時代に伐り出した木を筏に組み、川を下って江戸に運びこんだことから「西の川から来る良質な材木」ということで「西川材」と呼ばれるように なりました。西川材は枝打ちや間伐を丁寧に行い、丹精をこめて育てている為、材の色、艶がよく、年輪も綿密で節の少ない良質な材として知られております。

 構造材として歴史のある材ですが、弊社では地元の関係者と連携し内装仕上げ材として建具・家具・窓等に応用するほか西川材の普及に努めております。



 西川材を使った弊社オリジナル製品をご紹介いたします